【タイトル】2016/06/16 第167回 『「民共」協力と参院選の行方』

クリックで画像を表示
パッケージ表
クリックで画像を表示
パッケージ裏
好評予約受付中!!
【演題】 『「民共」協力と参院選の行方』
【講師】 筆坂 秀世(元日本共産党ナンバー3、元参議院議員)
2016年6月16日収録

 今回の参院選における「民共協力」について筆坂氏は、次期総選挙やさらに先を睨んだ長期戦略であり、民進党に恩義を売るべく必死な選挙戦を展開するだろうと分析。憲法については、日本共産党が現憲法制定に唯一反対した党であることを明かし、同党に代表される護憲派の欺瞞性を糾弾。さらに同党の展望については、党員の高齢化や、赤旗部数減、若者を引き付けるツール欠落など赤裸々な内実を暴露し、共産主義なんて所詮ユートピアと切って捨てた。かつて共産党中枢にあって、舌鋒鋭い政権追及で知られた筆坂氏も今では保守派を自任。お話しの端々に爆笑を誘い、気さくで人間味あふれる人柄は、多くの来場者を魅了しました。


サンプル動画(約3分)

みんなのレビュー

総合評価 (0件) すべてのレビュー

ログイン・会員登録

カートの中身

カートに商品は入っていません